工業地理

2/2ページ
  • 2018.12.15
  • 2020.09.27

自動車工業の立地はメーカーごとに覚えよう

 自動車産業は、日本の主要産業の一つです。高校地理でも、自動車産業に関連する用語が多数みられます。国内の工場立地としては、自動車メーカー別に工場立地を押さえておけば大丈夫です。しかし自動車産業全体としては、戦後日本の経済史とからめて理解しておく必要があるでしょう。図表の読み取りでは、「自動車」ではなく「輸送用機械」と書かれることもあるので注意が必要です。 自動車工業の歴史  ガソリンエンジンで動く […]

  • 2018.12.05
  • 2020.09.27

石油化学工業の立地は、鉄鋼業と見分けよう

 石油化学工業も、他の工業と同様に、日本地図の中で工場の分布を確認することが重要です。ただし鉄鋼業の工場分布と似ているため、この二つをしっかりと区別して覚えておかないとテストのときに混乱することになります。 石油化学工業の概要  石油化学工業は、①原油を蒸留・精製して重油・軽油・灯油・ナフサ・ガソリン・石油ガスなどに分離させ、②そのうちのナフサをもとにプラスチック・化学繊維・ゴム・肥料・医薬品など […]

  • 2018.12.03
  • 2020.09.27

セメント工業は、カルスト地形と結びつけて

 セメント工業は、日本の各種工業の立地と比較しながら、地図を使って出題されます。カルスト地形の学習と合わせながら、国内の工場分布をおさえておきましょう。 セメント工業の概要  セメントは、古代エジプトや古代ローマでも使われていた歴史の古い工業製品です。  セメントは、石灰石に粘土やけい石等を混ぜて粉砕し、水を加えると硬化するという性質をもっています。  建造物の材料としては、地中より切り出した石材 […]